健康こそ絶対の基本

血圧降下剤は高血圧改善の治療薬ではない。

永遠に飲み続ける、血圧降下剤の実態

 

処置1から処置4までが高血圧で病院に運ばれた

 

患者さんが受ける処置です。

 

 

どの処置をされるかは、担当に医師の判断によりますが、

 

 

概ね、この4つの処置を受けます。

 

 

この4つの処置は、急激に上がってしまった血圧を
下げるための処置としては正しいのかもしれません。

 

 

しかし、ここに書かれた処置は高血圧で治療を受ける

 

患者さんが日常受ける処置なのです。

 

4つの処置をご覧いただいた通り、高血圧を直して

 

いずれ、病院に来なくて良いですよ、と言われる処置は

 

どこにもありません。

処置1 心臓の力を弱める

 

これは、ベーター遮断薬と呼ばれる降圧薬の一種を使用して交感神経に働きかけ、

 

心臓の拍出量を減らし収縮力を弱める処置です。

 

 

心臓の力を弱くすれば、血圧は下がるというわけです。

 

処置2 血圧を上げる酵素の働きを邪魔する

 

これは、ACE組織と呼ばれる降圧薬の一種を使用して、体内にある

 

血圧を上げる酵素の働きを邪魔する処置です。

 

 

血圧を上げる酵素の働きを邪魔すれば、血圧は下がるというわけです。

 

 

処置3 尿量をふやして血液量を減らす

 

これは、利尿薬と呼ばれる降圧薬の一種を使用して、尿量を

 

ふやして体内の水分を減らす処置です。

 

 

体内の水分が減れば血液量も減って、血圧は下がるというわけです。

 

 

処置4 血管を拡大させる

 

これは、カルシウム拮抗薬と呼ばれる降圧薬の一種を使用して血管を

 

広げて血液の通る量を増やす処置です。

 

 

血管を広げれば、血圧は下がるというわけです

 

でも考えて見てください、この4つの内容を

・心臓の力を弱める
・酵素の働かなくする
・尿量を急激に増やす
・血管を無理やり拡大させる

どれ一つ取っても恐ろしいことばかりです。

ですが、実際には、今あなたが処方されている降圧薬の多くが、

上記のどれかに当てはまるのです。
そして、あなたはこのような恐ろしい降圧薬を、
一時的な対処としてではなく、長期間に渡って飲み続けているということです。

血圧降下薬を飲み始めると、一生涯飲み続けると言う事が腑に落ちました。

病院やクリニックでドクターにもっともらしく説明され、
疑うことなく信じて疑わなかった訳ですが、
これはどう考えても異常なことです。

 

そこで、今回の荒木先生の荒木式「高血圧改善プログラム」

 

 

この血圧降下剤を飲まなくても良い状態にするという画期的な方法です。

何をするのか以下の画像を御覧いただき、なるほどと思われたら

荒木式「高血圧改善プログラム」のホームページにお進みください。

 

3つの血管の状態

 

上記の3つの血管の状態によって血圧は上がったり下がったりするわけです。

つまり、もし、血管がとても柔らかく、広く、そして、短かったら、

血圧は低くなるというわけです。

 

 

逆に、血管がとても硬く、狭く、そして、長かったら、血圧は高くなるというわけです。

 

ただ、通常、血管の“長さ”は伸びたり縮んだりするものではありませんので、
主に血管の“硬さ”と“太さ”が血圧に大きく関係しているということになります。

 

荒木式、高血圧改善プログラムはこちら

↓↓↓↓    ↓↓↓↓

荒木式高血圧改善ポログラムはこちら

 


広告

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

FMテンプレート

FMテンプレート

このサイトもFMテンプレートで作りました

ネットビジネスで起業して。サラリーマンの10倍稼ぐ方法

ネットビジネスで起業して。サラリーマンの10倍稼ぐ方法

食事療法(荒木式)で本当に癌は治るのか

食事療法(荒木式)で本当に癌は治るのか

薬も心理療法もやめられたうつ病改善治療法「荒木式」

薬も心理療法もやめられたうつ病改善治療法「荒木式」

国際細胞活性協会

国際細胞活性協会

エイセイ日記風ブログ

エイセイ日記風ブログ

人気ブログランニング

人気ブログランニング

広告

Translate »

▲トップへ戻る