健康こそ絶対の基本

細胞学の応用で、一日3分間で体を回復する驚きの運動

細胞学の応用で、一日3分間で体を回復する驚きの運動

 

誰でもできる簡単な運動ですが、その動きは細胞学的に考えられており、

 

無意識のうちに体の600種類以上ある筋肉に刺激を与えます。

 

そうすると運動しても低血糖になりにくい体になるのです。

 

それが「2型糖尿病運動 By 細胞活性ストレッチ理論」なのです。

 

 

現状の2型糖尿病治療の問題点の確認

 

あなたがしっかりとしたお医者様の診察を受けているのであれば、
薬で血糖値をおさえながら、食事制限と規則正しい運動をするように、
いわれたと思います。

 
しかし、それぞれの対策の意味を、もう一度、確認して行きましょう。

 
(2型糖尿病:薬物療法)
血糖値を下げるための対処療法です。⇒薬で糖尿病は治りません!

 
(2型糖尿病:食事療法)
食事療法は体重を落としますが筋肉も落とします。⇒体力は回復しません!

 
(2型糖尿病:運動療法)
体の機能を取り戻すために体に負担をかけない適度な運動が必須です。
問題はこの2型糖尿病運動療法の仕方なのです。

 

 

 

実はお医者様は体の動かし方は専門外なのです。
医師も知らない細胞学を応用して短時間の簡単な運動で体を変える方法が
「2型糖尿病運動」なのです2型糖尿病の問題は、生活習慣に

より体が正しくうごかないことです。

 
ですから、体が正しくうごくようにするのが正しい治療の方法です。

 
「2型糖尿病運動」は最新の細胞学の研究結果を応用して、
約3分間でムリなく全身の筋肉に刺激をあたえることができます。

 
眠っていた細胞を目覚めさせ、筋肉の機能回復をおこさせるのです。

 

通常の運動では運動後の低血糖などのリスクがありますが、
2型糖尿病運動では激しく動かないため、そのリスクがありません。

 

筋肉が元気になると血流やリンパの流れが改善し、内臓機能、脳なども
機能を回復します。

 

 

このことは東大の研究でもすでに明らかになっています。

 
強い運動をしなくても筋肉や体を元気にすることができるのです。

 

 

全身の筋肉や内臓が機能を回復すれば、基礎代謝も上がり、
インシュリンの分泌、インシュリン感度なども正常になります。

 
それにより2型糖尿病がよくなるのです。

 

 

2型糖尿病運動で筋肉が活性化してくると自然と可動域が広がり、
体がやわらかく動くようになります。

 

 

国際細胞活性協会の詳しい
説明はこちらからどうぞ

↓↓↓↓↓↓          ↓↓↓↓↓↓

 

 


広告

 

Comment

  1. Ruben より:

    It’s remarkable to go to see this website and reading the views of
    all mates about this paragraph, while I am also keen of getting knowledge. https://twitter.com/WAFamilyDentist

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

FMテンプレート

FMテンプレート

このサイトもFMテンプレートで作りました

ネットビジネスで起業して。サラリーマンの10倍稼ぐ方法

ネットビジネスで起業して。サラリーマンの10倍稼ぐ方法

食事療法(荒木式)で本当に癌は治るのか

食事療法(荒木式)で本当に癌は治るのか

薬も心理療法もやめられたうつ病改善治療法「荒木式」

薬も心理療法もやめられたうつ病改善治療法「荒木式」

国際細胞活性協会

国際細胞活性協会

エイセイ日記風ブログ

エイセイ日記風ブログ

人気ブログランニング

人気ブログランニング

広告

Translate »

▲トップへ戻る